世界思想社のwebマガジン

MENU

日本の「空気」――ウスビ・サコのコミュニケーション論

「日本はスリッパ多すぎる!」

スリッパのルール
かつて友人の家を訪ねたときのことです。玄関で靴を脱いで、スリッパを履いて家に上がったのですが、このスリッパが外国人にとってはとても厄介なのです。奥の和室へ案内され、しばらく会話をした後、私はトイレに行きたくなり、家の人に案内してもらいました。トイレのドアを開けるとさらに別のスリッパが置いてあり、それに履き替えるように言われました。用を足した後、和室に戻った私は、そこではじめて気がついたのです。トイレの入口に最初のスリッパを置き忘れ、トイレ用のスリッパのままで和室に戻ってきてしまったことに。このとき、日本のスリッパには使うスペースによって区別があることを学びました。外国人であれば、誰しもこのような経験をしたことがあるはずです。わが家でパーティーをすると、必ずといっていいほどトイレのスリッパを履いたままうろうろしている外国人が現れます。 

日本では家にお客さんを迎えるのにさまざまなルールがあります。屋内の空間も細かく区分けされ、そこにそれぞれの役割があることを理解しておかなければ、どこで何をすべきなのかがわかりません。

まず、入口には、「土間」または「玄関」と呼ばれる小さな境界があります。「土間」や「玄関」はまだ家とは見なされていません。そこから家のなかへと入るためには、誰であろうと靴を脱ぎ、用意されたスリッパに履き替えます。そうしてはじめて、「内側」へとステップを踏み出すことができます。家に入る際には、「ハイ(Hi)」「こんにちは」「元気?」といったあいさつではなく、「お邪魔します」「失礼します」など、謝罪めいた言葉を使わなければいけません。

このように、日本の家で過ごすためにはある種のリテラシーが必要です。しかし、日本人にとってそれはあまりにも「あたりまえ」すぎるためか、誰も教えてくれません。外国人はそれを、失敗を重ねながら学んでいくものです。日本の家にホームステイしても、家族の暗黙のルールは教えてもらえません。多くの場合、お客さんなら許せる範囲で別の簡易的なルールが設定され、それが本当の日本の文化であるかのように教えられてしまうのです。

靴下は大切
はじめて日本人の家を訪れたときに大失敗をしたことがあります。靴を脱ぐことを想定していなかったために、穴のあいた靴下を履いてきてしまったのです。私自身は気にしていませんでしたが、招いた方はずっと私の足元を気にしていたようです。帰る際にお土産といって袋をもらい、帰宅してなかをのぞくと新しい靴下、しかも白い靴下が入っていました。 

とくに茶の湯の場面なのかもしれませんが、日本では人の家を訪ねる際には白い靴下を履くほうが望ましく、色モノの靴下を履いている場合は、カバンに白い靴下を用意しておくべきだと知ったのは、つい最近のことです。私は、夏にはサンダルを履くことが多いので、もちろん靴下など履きません。数年前、私が学生たちとさまざまな場所を訪れ、彼らとディープな京都を体験するというドキュメンタリー番組が製作されました。季節は夏だったので、私は素足でした。座禅をした後、お茶席のシーンがあったのですが、私が素足のままだったことから、番組を見た人や知人から多くの批判が寄せられました。

恐怖の多機能トイレ
先日、スイスを訪れて古い友人と食事をした際、「日本は好きだけど、トイレに行くのが恐怖です」といきなり言われました。日本を訪問するたびにトイレとお風呂が進化していて、使い方がわからず大変困ります、と。たしかに進化したトイレは多機能すぎて使いこなせず、説明も日本語で表示されているから戸惑うことでしょう。 

ある日のこと、フランス在住のマリ人が来日し、一緒に日本のレストランに行きました。ところが、途中トイレに立った彼がなかなか戻ってこない。ようやく戻ってきた彼の服は濡れていて、非常に困った顔で「トイレの床一面を水だらけにしてしまった!」と叫びました。どうやらボタンを押し間違えて水が空中に吹き出し、止めることもできなかったようでした。

日本のトイレはとても洗練されており、便座が温かいのはもちろん、人が近づくとセンサーにより自動で便座のフタがあがったり、使用中の音対策をしてくれたり、お尻を洗うシャワーの水圧・水温が調整できたりと、ユーザーに非常に優しくできているように見えます。また、トイレは単に用を足すだけではなく、やすらぎの空間ともみなされており、長居しても苦にならないようにできています。トイレは家のなかで最も重要な場所のひとつとして常に清潔に保たれ、さまざまなインテリアも置かれています。よその家を訪ねると、トイレを普通に使っていいものかためらわれ、使用した後はできるだけ使った痕跡を残さないよう努めています。

日本にはトイレに関する「伝説」がかなりあるようです。いわく、「便座のフタを閉めないとお金がたまらない」「清潔に保たないとトイレの神様が怒る」など。もしかすると日本人にとってトイレは特別な空間なのかもしれません。わが家でもトイレはよく話題になります。トイレを使った後には妻から必ずといってよいほど、「フタが開いたまま」「使い方が汚い」「スリッパの向きが違う」といったチェックが入ります。私にとってトイレはしばしリラックスする場所なのに、これでは常に気を張っていなければなりません。たまに、ゆっくりしたいがために自宅マンションの共用部分にあるトイレを使うこともあります(笑)。

お風呂の使い方も、外国人が非常に困ることのひとつです。わが家には留学生がホームステイにくることがあるのですが、まず、どこで脱衣すべきかに戸惑うようです。お風呂場のなかの体を洗うスペースで服を脱いでしまって、いざシャワーを使おうとすると、バスタブを仕切るカーテンがなく途方にくれます。脱衣すべき場所がわかったとしても、どうやってシャワーの温度と水圧を調節するのか見当がつきません。間違って冷たい水を浴びてしまえば、すでに裸になってしまっているので、家の人を呼んで教えてもらうわけにもいきません。また、ひとつのハンドルでシャワーと蛇口の切り替えができることなど想像もつかないので、使い終わったあと、一晩中、蛇口からお湯が出つづけていたこともあります。日本のお風呂は一見すると便利に見えますが、リテラシーがない人にとってはかなり困る空間となっているのです。

ゴミ出しコミュニケーション
家をめぐって、外のコミュニティとさまざまな関係が成り立ちます。玄関先をきれいにしたり、敷地に面した道路の掃除や打ち水をしたりすることなどを通して、近所とのコミュニケーションをはかっています。 

ゴミ出しも大切なコミュニケーションのひとつです。これまでさまざまな国を旅してきましたが、日本ほどゴミの出し方や分別に関するルールが細かい国はありませんでした。日本に来てからというもの、私はゴミを出すたびに、出す場所、出す時間、出し方など、小言を言われている気がします。ときには、私が出したゴミ袋を開け、分別し直したあとで、実はお宅のゴミがこうこうこうなっていましたよと報告されたりもします。わが家にお客さんが泊まりにきて、翌朝、私が早くに家を出なければならず、その人にゴミ出しを頼むときには、必ずといってよいほどゴミ袋の締め方やゴミ袋に掛けるネットの張り方などを指導されます。ある意味で親切なのかもしれませんが、日本に住んで何年も経ち、自分ではゴミの捨て方などすでにマスターしたつもりではいるので、「まだ言われ続けるのか」と思ってしまいますね。

ゴミ問題は、いまや多くの民泊で深刻になっているようです。昨年、友人の4人家族が京都を訪ねてきました。家族4人でゆっくりできるということで、ホテルではなく民泊を利用することにし、快適そうな家を見つけることができました。ところが、初日にオーナーさんから「この地域のゴミの出し方はルールが細かすぎてわかりにくいので、ゴミはすべて家に残しておいてください。後で私がまとめて出します」と言われ、恐怖のあまりゴミ捨てがタブーになってしまったそうです。せっかく快適な家に宿泊できたにもかかわらず、一週間捨てられずに溜まったゴミのせいでいい気分はしなかったと言っていました。話を聞いてみると、民泊文化が浸透していない地域では、地域に迷惑をかけないようにと、オーナーさんが宿泊客にゴミ出しを遠慮してもらうケースがめずらしくないそうです。

日本にはゴミの分別・収集について非常に厳しいルールを設定している地域がかなりあります。日本にやってくる外国人がこれほど増えているのですから、ゴミの分別と出し方をわかりやすく解説した多言語のマニュアルを用意する必要があるかもしれません。いまの私自身は、近所の方々がゴミのことを気にするのはコミュニケーション手段のひとつなのだと思うようにしています。ゴミを管理することが、地域に居住する人びととの関係を確認するだけではなく、新たに町内に引っ越してきた、あるいは訪ねてきた人がどんな人物なのかを確認する手段にもなっているのです。「井戸端会議」の代わりに「ゴミ出し会議」によって、地域の情報交換が行われているわけですね。

暗黙のルールの「見える化」
日本では住まいの機能を増やせば増やすほど「良い」とされる傾向があります。しかし、機能が増えれば、そのためのルールも増えていきます。お風呂を自動で沸かす機能が増えれば、その機能を作動させるための手順と、それをいつ作動させてよいのかといったルールも追加されます。そういったことが外国人に「恐怖」を感じさせてしまうこともあるのです。同様に日本では、居住空間は文化的に堅固に区分されています。建物に入る人は誰であれ、どこで靴を脱ぐべきか、どこまで立ち入ってよいのかを状況に応じて正確に判断することを求められます。日本では、人びとは空間の文化的な意味に合わせて行動することが求められるのです。 

先日、フランス人の友人とこの連載の話をしていたら、まったく同じ「トイレスリッパ事件」の経験をしたと言っていました。「日本はスリッパ多すぎる!」とも。さらに、彼女が日本人の友人と料亭に行った際、ストッキングしか履いていなかったそうなのですが、突然その友人がカバンから靴下を出して貸してくれたことにびっくりしたとも語ってくれました。

今後、日本にやってくる外国人がさらに増えることを考えると、彼らを戸惑わせないような配慮やコミュニケーションが必要だと思います。ふだんから外国人の苦労に気づき、寄り添うことができればベストです。しかし、一体何が外国人を戸惑わせているのかを常に考えつづけることは難しいことかもしれません。

そこで効果的なのは、日本の家や生活における暗黙のルールを「見える化」することです。さまざまな空間や設備の使い方を、どの国の人にも通じるイラストや記号で示しておくだけでも、非常に助かることでしょう。どんなに小さなことでも、自分の日常の「あたりまえ」が必ずしもほかの人の「あたりまえ」ではないことを肝に命じることが、コミュニケーションの第一歩となるのではないでしょうか。

バックナンバー

著者略歴

  1. ウスビ サコ

    京都精華大学学長。
    マリ共和国で生まれ、中国の北京語言大学、東南大学を経て1991年に来日。京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程終了。博士(工学)。2001年より京都精華大学の教員。
    専門分野は建築計画(住宅計画、居住空間計画)。「空間人類学」をテーマに、学生とともに京都のまちを調査し、マリの集合居住のライフスタイルを探るなど、国や地域によって異なる環境やコミュニティと空間のリアルな関係を研究。暮らしの身近な視点から、多様な価値観を認めあう社会のありかたを提唱している。バンバラ語、英語、フランス語、中国語、関西弁が話せる。

閉じる